MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 紫外線と日焼け止め

紫外線と日焼け止め

2015.04.18 | Category: 未分類

そろそろ紫外線が気になってくる今日この頃…
日焼け止めには、SPFとPAってありますがそれの意味をご存知ですか??
数字が大きくて+が多い方が良いと思っている知人が多くて驚きました‼︎
意味をしっかり理解することで、状況に合わせた日焼け止めを使い、肌の負担も抑えることが出来ます♪
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
まず紫外線には、①UV-Aと②UV-Bの2種類があります!
①UV-A(紫外線A波)
・地上に届く紫外線の95%
・通年で照射
・ガラスや雲で遮断不可
・真皮まで届きしわ、たるみの原因に
・肌を黒くする日焼けを引き起こす
②UV-B(紫外線B波)
・地上に届く紫外線の5%
・夏の照射が多い
・ガラスや雲遮断可能
・肌の表面で吸収される
・火傷のように赤くなったり、メラニン色素が沈着してシミやソバカスの原因に
☆☆PAとはUV-Aを防止し、SPFはUV-Bを防止してくれます。
PA+:やや効果がある
PA++:効果がある
PA+++:非常に効果がある
また、SPFの数字はUVBを防止する効果の目安を示しています。
肌が赤くなる日焼けは平均20分かかると言われています。その20分を何倍延ばせるかの数字となります。
SPF10だと10倍の200分です。
外出時間から強さも選んだり、塗り直しのタイミングが掴めますね☆
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
日焼け止めは肌の負担が大きいので、ちょっとお買物に行く際に強い日焼け止めを塗るのは避けると良いですね♪♪

当院へのアクセス情報

所在地〒170-0005 東京都豊島区南大塚1-1-8 ウエストモアビル 1階
駐車場なし
電話番号03-3944-5272
予約予約優先制
休診日水曜・祝日